• HOME
  • SOMAXのこだわり

ソマックス(株)のこだわり

ソマックス(株)が大切にこだわり続けているものとは?

洗浄機及び洗浄液を自社で研究・開発、製造

洗浄機や洗浄液を販売している会社はありますが、弊社のように自社で洗浄機を開発、製造し、更には洗浄液まで一緒に研究・開発、製造している会社があるでしょうか?ほとんどの洗浄機メーカーではコスト削減のため、それらの部門を外注先に依頼されています。
しかしソマックス(株)は自社での研究・開発、製造にこだわります。何故なら販売と洗浄機及び洗浄液の研究・開発、製造が一体になってこそ本当により良い商品を提供できると信じているからです。そしてそれが真のお客様の満足につながることを・・・。

洗浄機及び洗浄液を自社で研究・開発、製造

妥協を許さない高度な研究開発用設備

輝度の向上や、再現性の維持など光学部材の精度の基準は年々高度化してきています。ナノ・ミクロ単位の汚れの付着も見逃さないお客様にもきちんと対応するべく、ソマックス(株)は研究開発用設備にもこだわっています。微小な汚れが完璧に除去出来たことを確認するだけでなく、お客様の大切な金型にナノ・ミクロ単位でのダメージも与えていないことを確認し、ソマックス(株)の製品を安心してご使用して頂くために、最も重要なこだわりであると信じています。

妥協を許さない高度な研究開発用設備

■ EDS元素分析装置汚れの正体を解明

EDS元素分析装置

金型表面のトラブルにおいては、洗浄後の水洗染みなのか?樹脂が炭化したものなのか?空気中からのダストなのか?また、腐食性ガスによる変色・腐食なのか?観察だけでは判断することは不可能です。上右図のように各元素の定量Map(分布図)が得られるため、どこにどんな元素が分布しているか、視覚的に構成元素を読み取ることが可能です。特に光学分野においては微細化、高度化が進んで来ているため、金型表面汚れの成分解明に効果を発揮しています。

■ 電子顕微鏡高度化する精度に対応

電子顕微鏡

ソマックス(株)では金型表面の詳細な観察を行うために、電子顕微鏡を採用しております。電子顕微鏡は4nm(高真空モード20Kv)の分解能をもち、品物にもよりますが30万倍観察まで可能で、観察領域は125Φと広領域に対応しています。装置はCCDカメラを搭載しており、ステージ座標とリンクしているため、洗浄前と洗浄後の観察を光学顕微鏡感覚で視野探しが行えます。また電子顕微鏡につきものの電子ビームによるダメージの懸念はありますが、電子銃のエネルギーを調節することにより、ダメージを最小限に抑えて樹脂などの検体も観察することが可能です。

■ レーザー顕微鏡微細形状を高分解

レーザー顕微鏡

クリピカエースOPTがターゲットとする光学部品金型はミクロンオーダー以下の微細パターンが施されたものも多く、わずかな異物残渣や金属面へのダメージの有無等非常に高い検査精度が要求されます。金属表面の微細な形状変化は通常の分析機器ではそれが異物残渣なのか、ダメージによる孔なのか判別することは出来ません。そこで金属表面の微細な形状変化を正確に検査するためにバイオレット半導体レーザー光源により1ナノメートルという超高分解能の観察が行える最新型のレーザー顕微鏡を導入しました。

■ 光学顕微鏡優れた汎用性

光学顕微鏡

精度の高い撮影が可能な光学顕微鏡でフルカラーで検体を撮影出来るだけでなく、深度の違いによるフォーカスの差を修正。 様々な場面で対応出来る構成の顕微鏡です。場合によってはデモンストレーションにも用い、洗浄結果やトラブルの原因究明にも役立ちます。

■ テーブルコーチ

テーブルコーチ

局所的にクリーンルームの環境をつくることができるテーブルコーチを導入しました。チリやホコリを嫌う光学金型に適応しており、クリーンな環境で洗浄テストが行えます。

■ 恒温恒湿器

恒温恒湿機

洗浄液安定性試験や材質安定性試験に使用しています。

■ 高純水装置

高純水装置

ソマックス(株)では高清浄度化を図るため、高純水装置(水質:18.2MΩ・cm)を導入しています。特にOPT用洗浄液の製造やOPT洗浄後の水洗に使用しています。

 

 

製品情報を見る

お気軽にお問い合わせください 日本全国を訪問し、御社工場にてデモンストレーションを行います。 ソマックス株式会社 〒537-0023 大阪市東成区玉津1丁目7番17号 TEL 06-6976-1108

資料請求/デモ